適正な金額を引き出す

弁護士保険会社には、独自の算定基準が存在するのを忘れてはいけません。算定基準とは、状況に合わせて支払う額を想定した基準になってきます。自賠責保険にも算定基準が存在しますが、もともと被害者の肉体的な損害に対する対処として使われるものであり、特殊な保険といってもいいでしょう。最も低い基準になっていますが、事情が異なるものです。

次に低いのが、保険会社の持っている算定基準になります。彼らには利益を出すという、企業としての大事な立場があるため、最小限で抑えたいことから独自の算定基準を作っているのです。最後にもっとも高額になるのが、弁護士も活用する裁判の判例から割り出された基準になるでしょう。これも弁護士を活用する意味につながる部分です。

弁護士は自分たちの算定基準を使い、保険会社と交渉します。保険会社がどんな基準を使っていても関係はありません。保険金に納得いかない場合でも、弁護士は依頼者の利益を最大化するために働いてくれますので、効果をあげられるようになるでしょう。保険会社はこれが適正な金額といってくるのが常套作です。彼らにとっては間違いのないことですが、実際には違うことがほとんどなのですから、適正な交渉を考えていかなければいけないでしょう。